スタッフインタビューリレー

スタッフインタビューリレー

広島本社 中村 薫(2011年12月インタビュー)投稿日 2012年01月13日






ハンズ創立期は、私を含めて3人だけでした。
もともと個人で保険代理店を営んでおり、一人で保険業界で生き抜くことに
不安と寂しさを感じていた最中、末廣社長からお誘いの声がかかりました。
その当時は、仕事が多くなかったため不安だらけでしたよ。




大学卒業後、セールス一筋42年。マラソンで例えると42.195kmの
フルマラソンの完走を今年達成できます。
波乱万丈でしたが、なんとか自分の夢を叶えることができそうです。

セールスでは今が一番いい時だと感じています。
お客様からの信頼が厚くなっていることを実感しており、
キャリアを重ねて、ようやくセールスが楽になってきました。
振り返れば、一番苦労したのは一人で代理店をしていた頃です。
今でも個人の保険代理店の8割は食べていけない。
独りでやるには最初が本当に大変なんですよ。







旅行に行ったら絵葉書を買って帰り、
その葉書でお礼状を出すことを徹底しています。
今の若い人でそんなことをする人はほとんどいませんが、
お客様からは本当に喜ばれるんですよ。




以前は山登りをしていました。
55歳から61歳まで6年間で中国地方の山を70箇所登りました。
登り切った山頂から見えるの景色の美しさに虜になりましたよ。
得意先の方と一緒に登るんですが、本当に有意義でした。
健康にも仕事にも活かされますから。
せっかちなので休日もゆっくりすることがなく、
活動的な毎日を過ごしています。







ハンズはお客様の希望に沿った保険を提案できる会社です。
保険は形がなく信頼と人間力
例えば人身事故。相手との折衝はネットではできない
顔を合わせないと解決できないのが保険です。
それができるのが、我々株式会社ハンズです。