ハンズの取組み

 

ハンズの取組み

株式会社ハンズでは保険活動以外にも、様々な形で、社会貢献に繋がる活動を積極的に行っております。
メリハリのある勤務により、従業員がイキイキと働けるよう努めてまいります。

退職金・年金制度を取り巻く環境の変化や、2012年3月末の適格退職年金制度の廃止により、
退職金制度の見直しが求められています。
これまでの企業年金が、報酬や勤続年数等をもとに将来の年金受取額を決める
「確定給付年金」であったのに対し、「確定拠出年金」は、事業主が拠出した掛金と
その運用損益の合計で将来の年金額が変わる制度です。

http://www.aioinissaydowa.co.jp/business/product/other/pdf/401k_h.pdf
※詳しくは弊社へお問い合わせください

1)自分の資産残高が常に明確になる
  従来の公的年金と異なり、確定拠出年金は個人ごとに年金資産が管理されています。
  ご自身の年金資産がどのくらいになっているのかを確認しながら計画的な積立てが可能です。

2)年金の受給権を早期に獲得できる
  3年以上勤務すれば、資産残高の全額受け取りが保証されます。

3)ポータビリティ
  確定拠出年金は離職や転職した場合、今まで積み立てた年金資産を持ち運ぶことができます。
  持ち運ぶ先は、転職先によって異なります。




ハンズでは協賛企業のあいおいニッセイ同和損保様とベルマーク運動を推奨し、参加しております。
ベルマーク運動は、1960年に始まりPTAなどのボランティアで生み出された資金(ベルマーク預金)で
学校の設備や教材をそろえ、さらに国の内外でハンディを背負いながら学んでいる
子供たちに援助の手を差し伸べます。

マーク集めから始まる誰でも気軽に参加できるボランティアです。
あいおいニッセイ同和損保様のマーク対象商品にご契約いただいたお客様には、保険証券等に
ベルマークが付いてきますので、切り取っていただき、後日担当者等にお渡しいただけると幸いです。
ベルマーク運動は、PTAと企業(協賛会社と協力会社)、そしてベルマーク財団がスクラムを組んで
進めていきます。